フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
トラブル(紛争) trouble とは
フランチャイズにおいて本部と加盟店(時には加盟希望者)との間で発生する紛争を指す。
 発生の時期については、加盟希望者が本部と加盟交渉を始める時から、契約締結、開業後の契約期間中、解約時、解約後まで全てのフランチャイズ事業の過程において発生する。トラブルの程度も、日頃の不平・不満、表面化したいざこざ、信頼関係を破壊するトラブル、最後には裁判(訴訟)まで、深刻度においてさまざまである。起こる原因については、本部に起因するものと、加盟店に起因するものとがある。前者については、売上・収益予測の実績との乖離、経営ノウハウがない、指導・援助がない、などが挙げられる。後者については、経営能力や管理能力不足、オペレーションが良くない、契約事項を守らない、不法行為を行う等となる。トラブルを事前に防ぐには、本部が契約に当たり、適切で十分な情報開示を行うという信義則上の義務を果たすことは勿論であるが、フランチャイズ・パッケージが加盟店が行う投資と支払う対価に値することが大前提になる。加盟店側にも独立した事業者としての自覚と、開業後の絶え間ない自助努力が要求される。そして本部と加盟店の双方に要求されることは、フランチャイズを正しく理解することに尽きるであろう。
←全用語一覧へ戻る