フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
特約店 とは
商標・ブランドのライセンスの下に商品・物品・機器・サービス(役務)などの継続的販売を行う店舗(事業者)。
 代理店と呼ぶ場合もあるが、確たる定義はなく、チャネルリーダーによってその呼び名は異なり、その違いも個々の取引契約内容によって判断する必要がある。フランチャイズ事業の場合は、商標・ブランド・サービスマーク、事業の仕組み、経営・営業のノウハウを全てパッケージ化して取引するところに大きな違いがある。アメリカのフランチャイズの発展過程を見ると、特約店や代理店が、フランチャイズに進化発展したことがわかる。注意すべきは、単にメーカー、卸売業者、総代理店などに代わって商品・サービスを販売するだけの契約に過ぎないのに、フランチャイズ契約と称して多額の対価を要求するフランチャイズ本部まがいが存在することである。また、マルチ商法において、ピラミッド階層を構成する連鎖販売組織の上位会員を、特約店とか代理店と称することがあるが、これらは全く別のものであることに注意が必要である。 関連用語→代理店、マルチ商法
←全用語一覧へ戻る