フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
特定商取引に関する法律 とは
旧「訪問販売等に関する法律」で略称「特商法」と呼び、平成13年6月1日から施行された法律。
 対象とする取引は、1.業務提供誘引販売取引(内職・モニター商法)、2.連鎖販売取引(マルチ商法)、3.訪問販売、4.通信販売、5.電話勧誘販売、6.特定継続的役務提供(エステ、語学教室、家庭教室、学習塾等)、7.ネガティブオプション(送りつけ商法)の7つである。近年、訪問販売、通信販売、内職・モニター商法、マルチ商法及び電子商取引に関するトラブルが頻発するのに対応し、従来別々になっていた法を一つにまとめ、消費者保護と業者規制を前面に強く打ち出した法律として改正施行された。フランチャイズ本部は、自己の事業の内容に同法に抵触する部分や行為がないか、加盟店を指導教育する責務がある。 関連用語→業務提供誘引販売取引、マルチ商法、特定継続的役務提供
←全用語一覧へ戻る