フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
定期借地権 とは
契約期間が満了すると借地関係が終了する契約のこと。
 これには三種類あり、1.存続期間が50年以上で、契約更新なし、建物存続なし、建物買取請求権なしとされる契約(借地・借家法22条)、 2.存続期間30年以上で、期間満了後に借地上の建物を相当の対価で地主に譲渡することをあらかじめ約定する「建物譲渡特約付借地権」(同法23条)、3.もっぱら事業用の建物の所有を目的として土地を借りる借地権で、期間10年以上20年以下の期間を定めている「事業用借地権」(同法24条)がある。いずれも要件として公正証書の作成や書面の作成による事前説明が要件になっている。 関連用語→借地・借家法
←全用語一覧へ戻る