フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
手付金 とは
売買契約時に買主が売主に対して買う意志を表示するために支払う代金の一部。
 売主と買主の両当事者が何の手付金か特に定めていない場合には、民法ではこれを解約手付金とみなす定めになっている。解約手付金では、これを支払った買主は放棄、受け取った売主は倍額返しをすることで契約を破棄することができる。但し、相手が履行に着手、即ち中間金や残金の支払いをした場合には解約はできない。フランチャイズ事業では、まず店舗物件の確保から始まるが、数箇所の物件を同時に比較調査するケースが多く、確保のタイミングが難しく、手付金を打つこともあり、この手付金の原則は知っておく必要がある。
←全用語一覧へ戻る