フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
消費者契約法 とは
平成13年4月1日から施行された法律で、規制緩和の時代に増加しつつある消費者と事業者間の消費者契約トラブルを解決するためのルールを整備した法律。
 消費者と事業者との間の情報の質及び量並びに交渉力に格差があり消費者が弱い立場に立たされること、また民法による消費者の救済には限界があることから、「誤認」や「困惑」による不公平な契約を取り消したり、消費者の利益を一方的に害する契約条項を無効にする消費者保護の法律である。ただしフランチャイズに加盟しようとする加盟希望者は、消費者ではなく事業者とみなされるので、この法律の適用は受けられない。
←全用語一覧へ戻る