フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
サブ・フランチャイズ(方式) subfranchise とは
フランチャイズ事業を経営・運営している企業がそのフランチャイズ権をそっくり他の事業主へ許諾(ライセンス)する運営方式をいう。
 フランチャイズ事業を経営・運営している企業(マスター・フランチャイザーと呼ぶ)の経営が及ばない遠隔地や外国等において、地域を限定して地元の有力企業(サブ・フランチャイザーと呼ぶ)等にフランチャイズ権の行使を許諾する場合がこれに当る。商品・サービス・システム・ノウハウ・新業態開発などの企画開発機能は、マスター・フランチャイザーに残しておく場合が多いが、必ずしも断定できない。基本的にはサブ・フランチャイザーは本部機能の全て、即ち加盟店の開発から運営までの全てをマスター・フランチャイザーに代わって行う。サブ・フランチャイザーの名称は、エリアー・フランチャイザー、地域本部、地区本部、エリアFC本部、サブ・フランチャイジーなどとチェーンによって異なるので注意を要する。さらに最近は、加盟店開発やスーパーバイジングといった本部機能の一部をアウトソーシング(外部への委託・代行)する企業が現れているのでフランチャイズの名称、仕組み、契約内容が複雑になり、トラブルも生じている。加盟店希望者が注意すべき点は、加盟交渉をしている相手は、マスター・フランチャイザーなのか、サブ・フランチャイザーなのか、アウトソーサー(業務の受託者)なのか、そしてフランチャイズの本契約は誰との契約になるのか、開業後のスーパーバイジングは誰(どの企業)がその義務を果たしてくれるのか、フランチャイズ・パッケージの将来へ向けての企画開発は誰がしてくれるのか、これらを充分調べて契約すべきである。決して交渉相手の名称だけで判断してはならない。
←全用語一覧へ戻る