フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
資産回転率 とは
事業に投下した資産の投資効率を表わす経営指標。算式は、回転率=年間売上高/資産残高で表わされる。
 資産には、総資本、流動資産、棚卸資産、固定資産、自己資本等があり、上記の分母を置き替えることにより、回転率は計算できる。例えば、投下総資本が1千万円で年間売上高が2千万円とすると、総資本回転率は2回転となる。勿論、回転率は高いほどよい。フランチャイズ開業に当たっては、開業資金の総額と年商予測から、投下開業資金の回転率は容易に計算できるので、本部で考える標準回転率を必ず確認すること。業種・業態によるが、一般的には、2回転から3回転が普通である。
←全用語一覧へ戻る