フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
最低賃金 とは
最低賃金法に基づいて定められた「地域別最低賃金」と「特定(産業別)最低賃金」の二種類の最低賃金をいう。
 前者は、産業や職種にかかわりなく、各都道府県内で働くすべての労働者とその使用者に対して適用され、後者は関係労使が、基幹的労働者を対象として「地域別最低賃金」よりも金額水準の高い最低賃金を定めることが必要と認める産業について設定されたものである。1時間当たりの最低賃金額が決められており、毎年改定される。これはパートタイマーやアルバイトの雇用形態に関係なく全ての労働者に適用される。加盟店にとっては、自店がある都道府県の地域の額をチェックして、その額を下回らないようにする必要がある。但し、業務の内容が極端に短時間でやさしい場合は、最低賃金法の対象にならないとされている。
←全用語一覧へ戻る