フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
労働契約 とは
事業主と労働者の間の賃金や労働時間などの労働条件の取り決めのこと。
 口頭でも合意があれば労働契約は成立するが、後でトラブルが生じないように文書で契約内容を取り決めておくことが望ましい。そこで「労働基準法」では、従業員を採用する際は、次に掲げる労働条件を明らかにした書面を交付するように事業主に義務付けている。1.労働契約の期間に関すること、2.仕事をする場所と内容、3.始終業の時刻、残業の有無、休憩時間、休日・休暇、交替勤務の内容、4.賃金額・その計算方法と支払い方法・時期、5.退職・解雇に関する取り決め等。パートタイマーを雇用する場合も「パートタイム労働法」の指針では、上記以外の労働条件についても同じことを義務付けているが、「就業規則」がある場合はその交付でも良いとされている。本部によっては、加盟店に事業主の義務として従業員のために、労災保険、雇用保険、健康保険、厚生年金保険に加入することをフランチャイズ契約上義務付けている場合がある。どちらにしても、人を雇うことから始まる労務管理は、資金管理と並び加盟店のオーナーの責任としてなすべきことの第一歩である。 関連用語→パートタイム労働法
←全用語一覧へ戻る