フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
値引き販売 とは
加盟店が販売する商品・サービスの値段を下げて販売すること。
 フランチャイズ事業においては、加盟店が勝手に値引き販売することは、契約上原則として認められない。値引き販売は、フランチャイズ本部のマーチャンダイジング政策によって一斉に下げる場合と、個々の加盟店の裁量で下げる場合がある。前者はキャンペーン等で一斉に行われ、チェーンとしての統一制は保たれており、本部と加盟店の粗利益確保も考慮に入れられているが、後者については、加盟店が単独で行うもので、在庫処分、売れ残り処分、賞味期限間近か処分、利益無視サービス、加盟店独自のセール展開、競合店対策等の理由で行われる。後者の場合は、チェーンとしてのイメージの統一、信用や品質レベルの維持、ロイヤリティー計算への影響等、その値引き費用の負担をどちらが持つかを含め、フランチャイズ事業特有の理由により、事前に本部との調整・許可を必要とするケースが多い。
←全用語一覧へ戻る