フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
競業避止義務 とは
フランチャイズ契約期間中及び終了後に、加盟店は類似の事業を行ってはならないとする禁止条項。これに違反した場合には、違約金が課せられるので加盟店は注意を要する。
 フランチャイズ本部がこの義務を加盟店に課す理由は、加盟店が契約期間中に知ったノウハウを漏洩することの防止、加盟店がノウハウを契約解除後も継続して使用することの禁止、消費者が同業者を混同することの防止、本部が同じ地域に他の加盟店又は直営店での出店を確保する必要性などが理由として挙げられる。解約後個人営業を法人営業に切り替え、類似の営業を続ける場合も避止義務違反とされる。この禁止条項は原則合法とされる。但し、類似の事業を拡大解釈する、禁止期間が極端に長い、禁止エリアーが広すぎる、職業選択の自由を拘束するような場合には、民法の公序良俗違反とみなされる。違約金があまりにも高額な場合も減額されることもある。但し、原則合法と言っても、あくまで個々の案件と実態で判断されることに注意するべきであろう。
←全用語一覧へ戻る