フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
公正取引委員会 とは
独占禁止法を運用するために設置された機関で,独占禁止法の補完法である下請法,景品表示法の運用も行っている。
 国の行政機関には,○○省や◎◎庁とよばれるものほかに,一般に「行政委員会」と呼ばれる合議制の機関がある。公正取引委員会は,この行政委員会に当たり,委員長と4名の委員で構成されており,他から指揮監督を受けることなく独立して職務を行うことに特色がある。また,国の行政組織上は内閣府の外局として位置づけられている。公正取引委員会には、独占禁止法その他補完法を執行する「法執行官庁」としての顔と、競争政策を推進する「政策官庁」としての二つの顔があるとされている。フランチャイズとの関係については、本部と加盟店との間のフランチャイズ契約において、独占禁止法に抵触する契約や取引行為がないかを取り締まる立場にある。具体的には「フランチャイズガイドライン」を発表し、この中でフランチャイズに関する公正取引委員会としての考え方を明確に説明し、本部のどのような行為が独占禁止法違反となるかのガイドラインを示している。 関連用語→独占禁止法、フランチャイズガイドライン
←全用語一覧へ戻る