フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
小売等役務商標 とは
小売及び卸売の業務において行われる顧客に対する便益の提供に係る商標のこと。
 商標法第2条の商標の定義が改定され、小売又は卸売の業務において行われる商品の品揃え、陳列、接客サービス等といった総合的なサービス活動のようなものも、顧客に対する便益の提供として商標の定義の中に追加され、これを小売等役務商標として平成19年(2007年)4月1日以降登録できることになった。従来は、取り扱い商品に応じて商品商標として権利取得しなければならないことから、手続きや費用の負担が大きいという指摘がこれにより解消されることになる。そして何よりもサービス活動全般に使用することができるので、他社との差別化が可能になり、競争優位に立てることの意義は大きい。
←全用語一覧へ戻る