フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法) とは
平成15年5月30日公布、平成17年4月1日に施行された法律。高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大する中、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することが目的で制定された。
 この法の対象となる事業者とは、過去6ヶ月内に利用している個人情報が5、000件以上の事業者が該当するとされている。事業者が遵守すべき内容は、1.個人情報を入手するときには、使用目的を本人へはっきりと示す。この目的から外れた利用は、本人の同意を必要とする。2.個人情報は漏洩しないように厳重に管理し、従業員や委託業者に対してもその取り扱いに対して監督する必要がある。3.個人情報は、本人から開示の要求があった時には、これに応じなければならない。また情報が事実と異なる時には、訂正や削除に応じる必要がある。4.個人情報を第三者へ開示する時には、本人の同意を必要とする。この場合、本部と加盟店の間は第三者の関係になるので注意が必要である。本部としてはチェーン内にどのような個人情報が存在するのか洗い出し、その取り扱い方法について法律に基づいてルール化し、具体的遵守方法を現場の視点に立ちマニュアル化して加盟店へ徹底する必要がある。
←全用語一覧へ戻る