フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
警告書 とは
加盟店のオペレーションが良くないときに本部から加盟店へ発せられる注意を促す文書。
 チェーンとしてのイメージダウン、契約内容を遵守しない、専従者不在、経営に専念しない、本部が採点したチェックリスト上の評価が継続的に悪いなど、オペレーションが良くない初期段階では、本部は「改善申入書」のような形式で加盟店へ注意を与えるが、改善すべき点が一向に改まらない際には、スーパーバイザーの上位職名による警告書となる。この警告書に従わないときには、何らかのペナルティーが加盟店に課せられることになる。しかし加盟店の契約違反や不法行為に対しては、本部はいきなり強硬策をとるのではなく、段階的に注意の度合いを高めていく手続きをとることが望ましい。そうでないと優越的地位の濫用と見做されることがある。関連用語→改善申入書、始末書、催告書
←全用語一覧へ戻る