フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
過失相殺 とは
債務不履行事例で賠償責任と損害額を決めるにあたっては、裁判所は、債権者に過失がある時には必ずそれを考慮して責任の有無と賠償額を決めなければならない(民法418条)。又、不法行為事例においても、被害者に過失があるときは、裁判所はこれを斟酌して賠償額を決めることができる(民法722条2項)。これらを過失相殺という。
 加盟店がフランチャイズ本部の不法行為責任を追及し、訴訟に持ち込んで勝訴し、損害賠償金の支払いを受けたとしても、加盟店側に事業者としての過失があると裁判所が判断した場合には、支払い額はその程度により何割か減額される可能性がある。このように加盟店の過失相殺を問われた判例がいくつかあるので、加盟店としては注意を要する。
←全用語一覧へ戻る