フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
加盟金 とは
加盟店希望者がフランチャイズに加盟するために契約締結時に本部に支払う金銭(対価)のこと。
 フランチャイズ加盟店になるには本部と商標・サービスマークの使用、ノウハウの使用、フランチャイズパッケージの使用許諾等からなるフランチャイズ契約を締結するが、これらの使用許諾を受けるに当っては、一定の金銭(対価)を支払う必要がある。それが加盟金である。フランチャイズ本部によってその名称は異なるので、加盟店は名称に捉われることなく、フランチャイズ契約上何の対価かを充分確認する必要がある。例えば、塾のフランチャイズにおいて、加盟時には加盟申し込み金として徴収し、契約後に加盟金に繰り入れ、その後はさらに塾生の増加に合わせて加盟金を追加徴収していくようなフランチャイズ本部もある。一般的には加盟金という対価は、契約解約時には、加盟店に返還されないケースが多い。また加盟金を徴収しないフランチャイズ本部もある。本部にとっては、対価の名称や性質によっては、フランチャイズ契約の中途解約時に加盟店へ返還する必要が出てくるケースもあるので、対価の見返りとその名称は充分吟味して契約書上に表現しておく必要がある。 関連用語→対価、頭金、イニシャルフィー
←全用語一覧へ戻る