フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
循環取引 とは
一つの企業内の事業所、店舗、関連会社、子会社などの間で実際に取引がなかったものの、取引が行われたように伝票操作をして架空売上高を計上する取引をいう。
 これは、企業規模を大きく見せるために使われ、当該商品やサービスがエンドユーザーや消費者の手に渡っていないのに、架空の売上が計上される点に大きな問題がある。また、事業所や店舗に対して、本社からのノルマ達成要求が厳しすぎるような場合にも、出先で起こりやすい。アーリーステージにあるフランチャイズ本部が、本部の規模を大きく見せかけることで、株式上場を早め、加盟店募集を優位に導くために、この取引が利用されることもあるので注意を要する。
←全用語一覧へ戻る