フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
自己責任 とは
フランチャイズ契約を締結するに当って、加盟店に要求される事業主としての自覚と責任。
 フランチャイズ契約は、本部と加盟店の両事業主同士の対等の契約行為とされる。一般的には、本部は加盟店に比べ、経営資源、情報、資金力等に於いて強い立場にあるといっても、契約は対等であるという意味で、加盟店は情報収集に努め、自ら事業経営能力を高める自助努力が要求される。開業後のフランチャイズ本部の不法行為に対して、加盟店が訴訟を起こして勝訴したとしても、ケースによっては加盟店の自己責任能力を問われ過失相殺が行われる場合がある。一方、これをより対等にするためにフランチャイズ本部側にも契約に当っては保護義務が課せられている。 関連用語→過失相殺、保護義務
←全用語一覧へ戻る