フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト
 
←トップページへ戻る
違約金 とは
民法420条3項によると違約金とは損害賠償額の予定とされている。
 フランチャイズ契約においては、加盟店にさまざまな義務と責任が課せられるており、加盟店に債務不履行や不法行為があった場合には、本部から損害賠償支払いの請求を受ける。その額の算出は難しいので、契約書上に予定額が記載されることが多い。これが違約金の支払い規定である。したがって、損害賠償の予定と異なる制裁金、違約罰などを請求しようとする際には、そう主張する側で立証する必要が生じる。本部が注意すべきは、この損害賠償額の予定については、社会的に相当と認められる範囲を超えて著しく高額であるような場合には、その規定は民法の公序良俗違反(民法90条)となり無効とされる点である。又、これらの請求には一定の催告期間が必要であるという点にも注意を要する。加盟店希望者も、どのような場合に違約金や損害賠償の支払いが発生するかは、法定開示書面で予め説明・開示するように本部に義務付けられているので、知らなかったとならないように書面と契約書でよくチェックしておくべきである。 関連用語→損害賠償、法定開示書面
←全用語一覧へ戻る