フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
法定開示書面 とは
フランチャイズ契約締結前に、フランチャイズ本部が加盟店になろうとする者に対して契約内容を開示説明する書面のこと。
 「中小小売商業振興法」では、フランチャイズ本部が新たに当該事業に加盟しようとする者と契約を締結しようとする時は、あらかじめ定められた事項を記載した書面を交付し、その記載事項について説明をしなければならないとされている。フランチャイザーの集まりである(一般社団法人)日本フランチャイズ・チェーン協会(JFA)の開示自主基準によると、説明のための熟考期間は7日間以上とることが望ましいとしている。尚、法定開示書面の作成を怠った場合は、主務大臣による勧告があり、これに従わない場合は、企業名が公表されることになるが、特に罰則規定はない。 関連用語→中小小売商業振興法、JFA開示自主基準
←全用語一覧へ戻る