フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
報告義務 とは
ほとんどのフランチャイズ契約では、加盟店はフランチャイズ本部の指定する事項を、決められた書式と頻度で本部へ報告する義務を負う。
 これを要求する本部の目的は、加盟店の経営状況把握、適切なマーケティングやスーパーバイジングの実施のための情報入手、ノウハウの流出防止、商標・サービスマーク等標章類の不正使用の防止、競合他社の排除等があり、加盟店の動向を厳格にコントロールし、チェーンの環が緩まないようにしておくことにある。しかしながら、報告の内容がフランチャイズ契約に基ずく本来の目的から著しく逸脱すると、独占禁止法の優越的地位の濫用に抵触する恐れがあるので本部は注意を要する。加盟店は、契約書に明記された報告義務は、忠実に履行しておくと、何かトラブルが発生した際には、本部に対して間違いなく交渉有利に立てる。 関連用語→優越的地位の濫用
←全用語一覧へ戻る