フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
業 法 とは
業界に属する事業者が守るべき固有の法律。
 一例として次の様なものがある。飲食業や公衆衛生関係は「食品衛生法」、「環境衛生法」、薬関係は「薬事法」、風紀遊興関係は「風俗営業法」、中古・リサイクル関係は「古物営業法」、リカー関係は「酒税法」、不動産関係は「宅地建物取引業」、エステ、語学教室、家庭教師や学習塾は「特定商取引法」などがある。それぞれの業界に属するフランチャイズ本部は、これらの業法に基づく関係官庁の指導を受け、業法に抵触しないようにフランチャイズ・パッケージを構築しており、フランチャイズ契約よりもこの業法が優先する。したがって、加盟店は業法の知識が無くとも、本部の指導に従って開業・営業すれば良く、ここにもフランチャイズ加盟のメリットがある。 関連用語→許認可
←全用語一覧へ戻る