フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
ぎまん的顧客誘引 とは
独占禁止法の不公正な取引方法の一般指定第8項で禁止された行為で、加盟店の募集の場合十分な開示を行なわず、虚偽、若しくは誇大な広告を行い、実際の内容より著しく優良叉は有利と誤認させ、競争者の顧客を自己と取引きするように不当に誘引すること。
 公正取引委員会の「フランチャイズガイドライン」では具体的な例として次のような例を挙げている。(1) 予想売上、予想収益の額の算定根拠叉は算定方法が合理性を欠いていないか。また実際には達成できない額叉は達成困難である額を予想額として示していないか。(2) ローヤリティーの算定方法に関し、ローヤリティーが実際よりも低い金額であるかのように開示していないか。(例えば、オープンアカウント制の場合は、その説明の方法。)(3) 自社のフランチャイズシステムの内容と他社の内容を、客観的でない基準により比較し、自社が優良叉は有利であるかのように開示していないか。(例えば、徴収するローヤリティーの額の比較。)(4) フランチャイズ契約を中途解約する場合、高額の違約金を徴収することを開示しているか。叉は徴収されないかのように開示していないかなどである。尚、ある程度の美辞麗句や甘言をもって加盟店を誘うのは、通常のビジネスでは程度にもよるが、よくある事として社会通念上許される場合があるので注意を要する。 関連用語→フランチャイズガイドライン
←全用語一覧へ戻る