フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
原状回復 とは
現在ある状態を契約以前の状態へ戻すこと。これには、フランチャイズ契約の原状回復と、店舗の賃貸借契約上の原状回復がある。
 契約が解除された場合は、両当事者は預かっていたものは返却して、契約がなかった時と同様の状態に戻す義務を負う。フランチャイズ契約が終了した場合には、加盟店は商標やサービスマークが付いた看板や設備を撤去し、本部にマニュアル・帳票類などを返却する義務が生じる。本部側にも、貸与設備の引き上げ、商品、食材、原材料などの良品買取の措置、債権債務の清算、預かり金の返却などの残務処理が発生する。店舗物件が賃借物件の場合には、これも内装や設備を撤去して元の状態に戻す義務を加盟店は家主に対して負う。注意すべきは、原状回復には費用が発生する場合が多く、当事者の誰が費用負担するか、その範囲や程度はどこまでかなど、トラブルになり易い点が多々あるので注意を要する。
←全用語一覧へ戻る