フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
独立社員制度 とは
多店舗経営をしている企業に勤務する自社社員を加盟店として援助独立させる制度のこと。
 社員の人材育成、高齢者対策、ヤル気の喚起、加盟店開発の促進のためにある一定の勤続年数を経過した社員を対象に制度として導入される。フランチャイズ本部企業に例をとると、店舗の確保と設備は本部が全て投資・建築した後で、独立社員へ有償貸与される。加盟金の支払い、研修費等は免除されるが、保証金は必要とする場合が多い。ロイヤリティーの計算方法も、その中に設備賃借料が含まれる場合があるので、通常の率や額と異なる。独立社員は、開店準備費用や什器備品、開業後のランニング・コストを負担するだけでよいので初期投資は少なくて独立事業主になれる。本部にとっても、ブランドへの忠誠心が高く、原材料・食材の安定した供給先となる店舗を増やすことができるというメリットがある。
←全用語一覧へ戻る