フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
独立準備制度 とは
独立を前提に、本部が加盟希望者を自社の社員や契約社員として雇用し、直営店にてワーカーとして勤務、オペレーションと店長マネージメントを習得させた後に、加盟店として独立させる制度。
 「独立契約社員制度」、「インターン社員制度」などと呼ばれることもある。産業界で広がりつつある新卒者を対象にしたインターンシップ制のようなもので、フランチャイズにおいては、ブランドロイヤリティーが高くオペレーション能力が優れた加盟店をつくることができるというメリットがある。独立して将来加盟店になろうとする希望者は、店舗で働く際の労働条件や待遇、独立時の試験や適正評価の方法、独立の金銭的条件などを文書で明確にしておかないと、トラブルの要因になる。
←全用語一覧へ戻る