フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
コンバージョン型フランチャイズ conversion franchising  とは
現在営業中の事業や店舗をコンバージョン(転換)させて自社のフランチャイジーにさせるフランチャイズ形式のこと。
 すでに同種の事業を経営している事業主を対象に、新たな商標・サービスマークの下でネットワークを組み、ノウハウや技術を出し合うことでより合理化・高度化された事業を営むフランチャイズ・システムの一種である。不動産業、建築・リフォーム業、ホテル業など事業展開が広域エリアーに及んでいる事業分野で行なわれており、タイプとしてはサービス業に向いている。他のタイプのフランチャイズがサラリーマンのような個人も対象になるのに対して、コンバージョン型は既に事業を営んでいる事業主や商店主を対象にしている点に特徴がある。従って、独立自営業者である事業主を同業とは言え、一つの仕組みの下で統一し運営して行く難しさがある。この名称は別の狭い意味でも使用される場合がある。酒の販売免許を持つ有利性を活かし酒販店をコンビニエンス・ストアーに転換させる場合にこの名称を使用することがある。この場合は、フランチャイズのシステム上の一種類に分類するよりも、本部が加盟店開発を行う際の一つの手法と捉えた方がよい。なぜなら、加盟店開発は個人のみならず本来独立自営業の人達をコンバージョン(転換)することが基本にあるからだ。
←全用語一覧へ戻る