フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト 
←トップページへ戻る
チェーンストアー理論 とは
チェーンストアーとは10店舗以上を指す。この多数の店舗を開発し運営する思想と仕組みを論理的に説明したものがチェーンストアー理論である。この理論の根底には、規模の利益を追求するマス(大量)理論がある。
 事業戦略、商品開発、調達、人事・財務・管理などの中枢的機能を本社(本部)へ集中させ、店舗(現場)はオペレーションに専念することで最大の運営効率を挙げ、同時にコストダウンを可能とする考え方である。これを可能ならしめているのは、3Sの手法である。3Sとは、標準化(standardization), 単純化(simplification),専門化又は分業化(specialization)の3つのSを指す。フランチャイズも店舗拡大の流通の仕組みであることを考えると、好むと好まざるとにかかわらず、フランチャイズの仕組みもチェーンストアー理論をベースにして成り立っているといえる。標準化と単純化の手法でフランチャイズ・パッケージは完成し、本部と加盟店とは分業の仕組みで成り立っており、共に規模の利益を享受することを考えると、このことは容易に理解できる。 関連用語→3S
←全用語一覧へ戻る