フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト
←トップページへ戻る
←業種別特徴一覧へ戻る
中食業フランチャイズの特徴
ここに分類されるカテゴリーです
宅配ピザ、宅配すし、宅配弁当、持ち帰り寿司、弁当店、惣菜デリカショップ、デパ地下の惣菜部門、レストランの出前、飲食料品の移動販売など
このカテゴリーには次のような特徴があります
1.なぜ中食(なかしょく)業と呼ぶか
飲食店での外食と家庭内食事の中間に位置するのでこう呼びます。
2.中食業発展の背景に社会的事情あり
女性の社会進出、食事の簡素化、ファーストフッド化、個食化、生活の24時間化、グルメ志向などの社会現象がこの中食業に拍車をかけており、近年、外食業フランチャイズと分離独立して発展し、一つのフランチャイズ事業分野を形成している。
3.製造・販売・サービスが一体化
上記のような中食という性格上、製造、販売、サービスが一体化しているのが特徴である。
4.ハードウエアの要素が強い
このタイプのフランチャイズは、ハードウエアの要素が強い。加盟店が使用する原料・食材・包装資材の調達は、本部もしくはその指定先から斡旋供給される。厨房機器、販売什器備品などについても同様である。一部の生鮮品は店舗で現地調達される。
5.本部の調達力と半加工機能が本部のノウハウ
これらのハードウエアについて言えば、本部の食材調達力と、半加工機能である工場、セントラルキッチン(central kitchen)、カミサリー(commissary)などの存在が、その質を左右し他社との競争力となり、本部のノウハウとなる。この点は外食(飲食)業フランチャイズと同じである。
6.外食(飲食)業と似たソフトウエア
ソフトウエアについては、本部の新メニューや新素材開発力と、店舗での効率的アッセンブルと調理加工方法、鮮度を保つ陳列・販売方法、そして鮮度や衛生を重視したデリバリー機能などが、その決め手となる。
7.決め手はロス率管理
日々の販売予測とロス率管理に関するノウハウは、本部のフランチャイズ・パッケージの中核を占める。
8.販売の方法は2種類
大きく分けて2種類ある。一つは、店頭での持ち帰り弁当や惣菜販売であり、もう一つは、ピザやすしと高齢者向け弁当のような宅配サービスである。
9.店舗立地と店づくりにノウハウ
前者の店頭販売タイプについては、販売の場である店舗立地の選定は、物販(小売)業や外食業同様に本部のノウハウで、共に店舗を有する点においては同じであるが、決定的に異なるのは、店内での飲食スペースの有無、そしてその営業許可の取得の面においてである。
10.店舗から顧客へアプローチ
後者の宅配タイプは、店舗の方から顧客へアプローチするという特徴を持つ。従って、店舗立地の良し悪しはそれほど重要ではなく、むしろ商圏内の世帯数と接近の難易度や時間が重要になる。
11.テリトリー制の採用
宅配タイプにおいては、事業が成り立つ顧客の存在と顧客の開拓が前提になるので、テリトリー制が採用される。
12.商圏開発手法が本部のノウハウ
顧客へのアプローチと商圏開拓の手法としてチラシの配布やポスティングが本部の重要なノウハウと援助内容となる。本部によっては、統一チラシの作成、コンピューターを駆使してチラシをまくエリアー、配布枚数、その効果などが検証される仕組みがノウハウとしてでき上がっている。
13.サービス業フランチャイズと交錯
一人暮らしのお年寄りや身体の不自由な人達などへ食事を届ける宅配は、介護ヘルパー並みの心構えやサービスを必要とし、サービス業フランチャイズに近くなることも大きな特徴である。
←トップページへ戻る←業種別特徴一覧へ戻る↑このページの先頭へ戻る