フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト
←トップページへ戻る
←フランチャイズ関連書籍へ戻る
書籍の紹介 成功するSCを考えるひとたち
本51
ここでは、フランチャイズやチェーンストアーに関連した書籍で、このサイトの開設者が内容を確認の上、特にお薦めに値するものを紹介しております。
成功するSCを考えるひとたち 著者:栗山浩一
発行:ダイヤモンド・ビジネス企画
発売:ダイヤモンド社
発行:2012年11月1日
定価:本体(1,500円+税)
装丁:
A5版 ソフトカバー 229ページ
書 評
★最適商業店舗立地は、国鉄(JRではありません)・私鉄の駅前や商店街から、郊外の幹線・生活道路沿いと移り変り、現在はSC(ショッピングセンター)と言われる時代になった。この変化の背景にあるのはモータりぜーション(この言葉も古めかしくなりました)の動きである。
★直営であろうがフランチャイズ方式であろうが、店舗の出店とオペレーションにかかわりを持つ人は、SCに関する知識や情報を抜きにしては仕事にならない時代になった。SCとは何か、本書は最新情報という面では、SCに関する全てを知ることができる最適の書としてここでとり上げた。
★本書の著者は、(株)船場の代表取締役社長である。「ショッピングセンターをつくるには、そもそもの検討段階からのマーケットリサーチ(立地調査)に始まり、マスタープランニング(企画)、コンセプト開発、環境デザイン、店舗デザイン、施工、リーシング(テナント誘致、配置、開発)、建設、運営、管理といった、多くの専門的な仕事が必要になります」と著者は本書の「はじめに」で書いている。そして、これらの仕事の実務をすべてを行えるプロフェッショナル集団が『船場』です、と企業紹介をしている。
★従って、上に挙げた専門的な仕事の全てが本書で語られている。SCを語るに当たっては、著者自らが語る以外に、会社の従業員である各部門のプロフェッショナルを実名で紹介登場させ、説明に加わってもらう手法をとっている。その道のプロが語る仕事の中身には苦労話や喜怒哀楽もあり、それが読み手にとっては、SCに一層興味を持ち理解を深めるようになると共に、本書を読みやすいものにしている。
★「いつも出掛けているご近所のショッピングセンターを見る目がほんの少し変ったり、今までよりもショッピングセンターを身近に感じられるようになったとしたら、こんなに嬉しいことはありません(本書171頁)」と著者は述べている。本書はビジネス書であるが、一般消費者が読めば、筆者が指摘する通り、間違いなくSCを身近に感じるようになり、ショッピングもより楽しいものになるだろう。
←フランチャイズ関連書籍へ戻る↑このページの先頭へ戻る