フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト
←トップページへ戻る
←フランチャイズ関連書籍へ戻る
書籍の紹介 月刊食堂 特集 フランチャイズ新経営
雑誌46
ここでは、フランチャイズやチェーンストアーに関連した書籍で、このサイトの開設者が内容を確認の上、特にお薦めに値するものを紹介しております。
月刊食堂 特集 フランチャイズ新経営 特集 フランチャイズ新経営
発行人:土肥大介
編集長:大澤 哲
発行所:株式会社柴田書店
発行:2010年3月1日
定価:1,470円(本体1,400円)
大きさ:
A4版 152ページ
書 評
★柴田書店発行の雑誌『月刊食堂』は、渥美俊一(故人)のチェーンストア理論を長期に亘り体系的に紹介してきただけあって、内容はマーケティング、食材調達加工、オペレーション関連などのバランスがとれた堅実な記事が多い。ここで紹介するのは、バックナンバーであるが2010年3月発行の「フランチャイズ新経営」という名のついた特集号である。
★「フランチャイズ(FC)というビジネス形態がチェーン化における先手必勝の経営手法であることに異論はなかろう。過去、幾多のFCフォーマットが出現しているが、一気呵成に市場を切り拓いた先達たちは、いわば先行者利益を享受した勝ち組ともいえる、しかしその一方で、淘汰の波にさらされ市場から消え去ったFCチェーンがあることにも目を背けられない。本稿ではそうした背景を踏まえて、新たなFCビジネスに挑む外食企業を紹介、投資モデルや収支パッケージはもとより、各フォーマットの全貌を検証していく」(本誌17ページより)のがこの特集号のねらいで、外食フランチャイズに加盟しようとしているジー候補者にとっては情報収集の手助けになるだろう。
★主な内容と紹介されているチェーン(企業、ブランド、業態など)の数は下記の通りである。
・いまが狙いめ、 このFCを見逃すな 6チェーン
・出店攻勢かけるFC企業の眞打たち 5チェーン
・(株)アスラポート・ダイニングのFCビジネス
・名古屋のメガFCジー豊田産業(株)外食事業本部の実力
・ますます進む、社内独立制度の仕組み 3企業
★チェーン展開の手段のひとつとして3社の社内独立制度が独立事例を挙げて紹介されており、このような制度を利用して独立を考えている人達にとっては得難い記事だ。
★本誌の情報は2010年3月発行時のものであることに留意しながら、その後の時の経過と外食産業を取り巻く環境と消費者の嗜好の変化などを踏まえて読むと、また新たな、あるいは思いがけない情報が本誌から入手できるだろう。同様に『月刊食堂』2011年3月号特集外食フランチャイズシステム大研究 もおすすめである。
←フランチャイズ関連書籍へ戻る↑このページの先頭へ戻る