フランチャイズ情報提供サイト

フランチャイズ情報提供サイト
←トップページへ戻る
←フランチャイズ関連書籍へ戻る
書籍の紹介 フランチャイズ・バイブル
先進アメリカFCビジネスの真髄
原題:FRANCHISE BIBLE, 5th Edition
副題:How to Buy A Franchise or Franchise Your Own Business
本21
ここでは、フランチャイズやチェーンストアーに関連した書籍で、このサイトの開設者が内容を確認の上、特にお薦めに値するものを紹介しております。
JFA推薦書籍←このマークは、(一社)日本フランチャイズチェーン協会(略称JFA)が推薦する書籍のマークです。
JFA推薦書籍フランチャイズ・バイブル アメリカのフランチャイズ法を研究する人にお勧めです
著者:アーウイン・J・コイプ
監修者:木原健一郎
訳者:藤本直
編集協力:藤田一郎
発行所:ダイヤモンド社
発行:2006年5月11日
価格:2,940円(税込)

Copyright (C) 2004 by Erwin J. Keup All rights reserved. Original English language edition published by EP Entrepreneur Press.
書 評
本書の紹介によると、著者は弁護士である。フランチャイズ企業には、世界最大の人材育成フランチャイザー「スネリング・アンド・スネリング社」に法務担当副社長として務めたことがある。アメリカ弁護士協会のフランチャイズ・フォーラムのメンバーであり、仲裁機関の仲裁人でもある。
★訳本の元になっているのは、改訂最新第5刊、2003年版である。
★1995年1月1日に先立ち、連邦法のさまざまな条項が重なり合う州法との整合性を得るため、また開示規定の煩雑jさを回避するため、FTC(連邦取引委員会)は「統一フランチャイズ・オファリング・サーキュラー」(UFOC)と称される開示フォーマットを州当局の情報開示要求に利用することもできるという決定を下した。この新法のもとでも、UFOCフォーマットは、同じものがFTC、州当局双方で利用できるし、双方からその提出が求められている。FTCはその後フランチャイズ開示ルールの改定を図り、1999年10月22日の意見聴取を経て、現行の改訂法を得た。(本書122、123頁より)
★アメリカ全州のうち15州は、フランチャイズ登録法あるいは通知提出法(notice of filing)を成立させている。(本書123頁より)
★アメリカのフランチャイズ法では、日本の公正取引委員会に相当するFTCが管轄する連邦法と、州が管轄する州法があり、州にまたがってフランチャイズを展開するチェーンにとっては、フランチャイズ契約内容が、州法と矛盾し不一致があると無効となるので、それぞれの州法に合わせて変更されることが契約書に謳われることになる。
★上記のUFOCフォーマットは、日本の中小小売商業振興法で定める「法定開示書面」に相当し、フランチャイズ・アグリーメント(契約書)も含め、フランチャイジー保護の思想は、日本の公正取引委員会が定める「フランチャイズ・ガイドライン」のそれと同じである。
★本書の内容の4割は、上記のUFOCフォーマットの解説とFC本部の実際のサンプル、同じくフランチャイズ・アグリーメント(契約書)のサンプル紹介に充てられている。両方のサンプルから、日本の場合と異なる点とその背景を知ることができ、研究対象としては興味が尽きないであろう。
←フランチャイズ関連書籍へ戻る↑このページの先頭へ戻る