今日のカジノは、規模や形態が非常に多様化しています。場所もマカオやベガス、あるいはリノだけでなく、船上で営業しているものもあるほどです。これらは海や川の近辺に在住している、あるいは旅行中のギャンブラーによく利用されています。アメリカのミズーリ州では州内にある水上で営業するカジノをテレビシリーズに用いたこともありました。

リバーボートカジノは実際にどのくらい儲かるのか

この質問に答えるには、色々な要素を考慮に入れなければなりません。まずは期待されるゲスト数について調べる必要があります。毎月どのくらいの人がリバーボートを利用するでしょう?この数字はピークシーズンかオフシーズンかといった、季節によってもかなり左右されるものです。

また、既存のリバーボートカジノが打っているブランディング戦略についても調査が必要です。当然ながら、リバーボートによって戦略は異なります。遊び程度のギャンブラーを対象にしているカジノもあれば、大金で勝負するギャンブラーを対象とする所もあります。しかし、全体的には、大金で勝負するギャンブラーよりも、のんびりくつろぎながら楽しく過ごしたいという人を対象にしたものが多いようです。

リバーボートカジノの運営コスト

ではリバーボートを営業する上で、どのような注意点が考えられるでしょう? リバーボートカジノの運営コストで一番大きなものは船体の磨耗や傷みでしょう。カジノの経営者は、特に水または天候によって生じる船体の損傷のことを常に考慮に入れる必要があります。天候の変化によって船体に大きな影響が及び、運営コストがあっという間に膨らむ可能性があるからです。そのため、リバーボートカジノを運営することは費用がかさむだけでなく、陸上のカジノほど収益が上がらないというのが現実です。

規制事項

カジノに対する規制項目にも注意が必要です。他のカジノ同様、リバーボートカジノも州と連邦両方のギャンブルに関する規定に準拠する必要があります。ただし、先住民(アメリカインディアンなど)の居留地区で営業されているカジノは例外で、連邦政府の管理権が制限されています。

場所によっては、ライセンス費用が約5万ドルにもなる場合もあります。また、リバーボートの収容力に応じて定められた年間手数料も必要です。収容人数ひとりにつき25ドルを要求している州もあります。

賭け金額に上限を設定している州もあります。ペンシルベニア州では、賭け金の上限が5ドルとなっています。また、一人当たりの損失額も200ドルまでとなっています。これでは、ちょっとした娯楽、あるいは休暇中の遊びとして行う以上にハメを外すことはまず不可能です。

このように、運営コストと収益を天秤にかけると、リバーボートカジノがオンラインカジノや陸上のカジノほどの利益を出すことは難しいと言えるでしょう。

では、今後カジノ経営を考えている人は、リバーボートカジノを選択肢から外すべきなのでしょうか? リバーボートカジノの経営に関心があるなら、前述のような課題以外に加えて、周辺にはすでにリバーボートカジノが営業していないか、あるいは競争が厳しくなりそうかなど、さらに多くの要素を考慮する必要があるでしょう。